山口先生のコンタクトお悩み相談所

コンタクトの悩みや目の健康についての相談にのっています

デイリーズトータルワンが「生感覚レンズ」と呼ばれるのはなぜ?

文房具やファッション用品、美容用品など、もののジャンルに限らず「良い」と評価されている製品は数多くありますが、人それぞれ行動の癖や好み、体質などが異なるため、他人が良いと評価するものが必ずしも自分に合うとは限りません。しかし、多くのユーザーに評価されているものは、やはりそれなりに性能が良いものであることも事実です。

コンタクトレンズに関しても同様です。目に直接入れるものだからこそ、「評判の良いものを使いたい」と考えている方がほとんどでしょう。多くのユーザーに評価されているものならば、性能や品質に問題がないと信用できるため、安心して使うことができます。

評判の良いコンタクトレンズと言えば、ユーザーに圧倒的な支持を受けている「生感覚レンズ」をご存知でしょうか?アルコン社が製造し、販売している製品「デイリーズトータルワン」を指しています。まるで裸眼のような快適な付け心地であるという特徴から、綾野剛さんの出演するテレビで生感覚レンズという表現が使われ、以降、アルコン社を代表するコンタクトレンズ製品になりました。

では、生感覚レンズという表現が使われるほど付け心地に優れているのはなぜでしょうか?その秘密を紹介します。

生感覚レンズと呼ばれる付け心地の秘密

秘密1:メーカー独自の技術スマーティアーズテクノロジー
フォスファチジルコリンという成分がレンズに配合されています。フォスファチジルコリンは、涙にも含まれている成分です。涙と調和することで涙の蒸発を防ぎ、うるおいが長持ちするため、乾燥に強いレンズとなっています。

秘密2:酸素を通すシリコーンハイドロゲル素材
酸素を通しやすいシリコーンハイドロゲルという次世代素材がレンズに使われています。従来の素材を用いたコンタクトレンズと比較して、およそ6倍の酸素が目に届きます。そのため、酸素不足によって生じる目への負担を防ぐことができます。

秘密3:含水率の異なる水分三層構造
異なる2つの含水率によってレンズが成り立っています。レンズの中央部は含水率33%と水分量を少なくすることで扱いやすくしています。そして、レンズの表面部は含水率80%以上と水分量を多くすることで、うるおいがありやわらかいレンズに仕上げています。

以上、独自技術と次世代素材、水分三層構造が生感覚レンズと呼ばれる付け心地の秘密です。使用した約90%以上のユーザーが、

・コンタクトをつけていないみたいに感じる
・目薬をあまり使わなくなった
・目の疲れを感じなくなった


などの感想を持っています。

そんな高性能のコンタクトレンズですが、性能が良いだけあり、値段も他のワンデー製品と比べて割高です。そこで、デイリーズトータルワンを買う時は、シルチカという価格比較サイトを利用してみてください。最安値で販売している通販ショップがランキング形式で掲載されています。

商品価格だけではなく、送料や手数料の有無が確認できる点も、こちらのサイトのポイントです。商品価格だけではなく、トータルで安価に買えるショップが分かります。少しでもお得に買いたい方におすすめです。

カラコンをシーン別に使い分けるには?

若い女性の多くが、おしゃれ目的で使っているのがカラーコンタクトレンズ(カラコン)です。成人式や卒業式など、特定の場面でのみ使用する方もいれば、学校や仕事がある日に日常的に装用している方もいます。

カラコンは、瞳を大きくしたり、瞳の色を変えたりするコンタクトレンズです。装用することでその人の雰囲気や印象が変化します。視力矯正用のクリアレンズと異なるのは、度数以外にも色がついている部分のサイズ(着色直径)や異なる色のレンズが多数用意されているという点です。そのため、使用する場面や好みに合わせて使い分けることができ、カラコンを使うのと使わないのとでは、おしゃれの幅にも大きな差が出ます。そこで、今回は場面ごとにおすすめのカラコンのサイズ・種類を紹介します。

【カラコンばれしたくない時】

カラコンを使ったおしゃれには興味があるが、カラコンの装用がばれて周りの人に冷やかされたり、囃し立てられたりしないか不安…そんな方は、自然に瞳を大きく見せられる着色直径12.6~13.1mmのレンズを選びましょう。一見してカラコンをつけていると分かりにくいので、カラコンばれしたくない方におすすめです。もう少し瞳に変化が欲しい時は、13.1~13.5mmの大きさを使ってみてはいかがでしょうか?これらのレンズもさほど違和感なく、自然な瞳に見えます。

【瞳を大きく見せたい時】

友達と遊びに行く時やデートの時など、気合いを入れておしゃれをするならば自然に、しかししっかりと瞳を大きく見せたいですよね?より瞳をアピールしたい時は、着色直径13.6~13.8mmサイズのレンズがおすすめです。くりくりした瞳になり、可愛らしい印象を与えることができます。それでも物足りない方は、着色直径13.9mm以上のレンズもありますので、そちらをお試しください。

【瞳の色を変えたい時】

大学生になると学園祭の規模が大きくなります。本格的にバイトを始めて金銭的にも余裕が出る方が多いためか、好きなアニメや漫画のキャラクターの格好を真似る、いわゆる「コスプレ」をする方をちらほら見かけるようになります。そんな時に役に立つのが、瞳の色を変えてくれるカラコンです。赤、青、緑、グレーなど、カラコンには様々なカラーの製品が用意されています。なりたいキャラクターに合わせて使いましょう。

サイズやカラーの違いを理解することで、シーンに合わせてレンズを使い分けることができるようになります。

カラコンを選ぶ際に大切なのは、サイズやカラーだけではありません。目に直接つけるものですから、安全なものを使いたいですよね。カラコンは、視力矯正用コンタクトレンズと同様、誤った使い方をすると目のトラブルに繋がります。そのリスクを少しでも減らすためには、乾燥に強いものや汚れがつきにくいもの、UVカット機能がついているものなどの特徴にも注目して、購入する製品を選びましょう。

国内通販サイトレンズアップル(https://www.lens-apple.jp/productlist/filter/categoryId/4/)で販売されているカラコンを含むコンタクトレンズ商品ならば、すべて厚生労働省による承認を得ています。より安心して使用できるコンタクトレンズ商品をお求めの方は、こちらの通販ショップをご利用ください。

コンタクトレンズで違和感を感じる時は?

コンタクトレンズを使用している人は、違和感を感じることも多いのではないでしょうか?目に直接装着するアイテムなので、多かれ少なかれ違和感を感じることがあります。コンタクトのタイプによって症状も違ってくるので、見合ったケアをすることがポイントになるのです。ハードタイプを使っている人は、レンズの硬さから異物感を強く感じます。慣れないとゴロゴロしたり、痛くなることもあるでしょう。レンズ自体が硬いので初めて使う人は、少しずつ装着時間を長くしていくなどの工夫をしてみましょう。

ただしハードは乾きを感じにくいのが大きなメリットになります。ソフトタイプを使っている人は、乾きが大きな悩みになります。黒目を広い範囲で覆う形状のレンズなので、レンズ内の水分が不足すると乾いて違和感を感じるのです。柔らかくて付けやすいソフトですが、乾きが最大の敵なのです。目の渇きを感じたら放置せずに外して目を休めたり、コンタクト専用の目薬を使用してみてください。そのままにすると、気付かないうちに傷がついたり炎症を起こす可能性も出てきます。どちらもメリットはありますが、トラブルも少なくはありません。違和感解消のために、正しいケアで目を守ってください。

Page 1 of 4